甘い毎日を作り出せるようなチョコレート工場でいられますように
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ruca
 
[スポンサー広告
痛み
3月1日(木)
午前中、友達から電話。
昨日、私を心配して家まで来てくれたんだけど
あいにく私は仕事。
あまりのショックに仕事を辞めたと思っていたらしい(笑)

『カルアちゃんの事話せる?』と。
一部始終を話した。

だいぶ気持ちも落ち着いてきたから大丈夫かと思っていたけど、
駄目だ。。。。悲しくて仕方なくなってしまう。
泣いているのを気付かれないように一生懸命話した。

友達は年末に流産して手術をした事を話してくれた。
あまりのショックに誰とも会えなかったと。。。
私は子供を産んだ事もないし宿した事もない。
そして未だ欲しいと思わないので、
友達の気持ちを全部分かってあげられてないような気がしてもどかしい。
それでも自分の子供。自分のお腹にいるんだから
とっても神秘的。
ペットのように買えたりしないから、もっとすごい存在なんだろう。。

そんな辛い出来事から立ち直って、色々話してくれた。
そして友達が『私もすっごく辛かったけど、ルカの方がもっと辛かったんだなって思う。』
私?????
『だってその腕で抱いたんだもんね、辛いよね』と。

一気に涙が溢れ出した。

『もう子供はいらないかも。私はいつ安心出来るか分からない。
安定期に入っても安心出来ないし、生まれるまで、いや生んでからも
ずっと安心出来ないような気がして。
しばらくこんな思いはもう沢山』

そんな風にまで思ってしまう程深く傷付いた彼女。
それなのに、私より辛いだなんて言ってくれる彼女。
涙が止まらなかった。
Posted by ruca
comment:0   trackback:0
[Sweet days to make it in a factory

thema:ダックスフント大好き♪ - genre:ペット


comment
comment posting














 

trackback URL
http://chocolateprince.blog46.fc2.com/tb.php/387-d7220cde
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。